『イン・ザ・ゾーン』(In The Zone)は、2003年にリリースしたブリトニー・スピアーズの4枚目のオリジナルアルバム。

前作『ブリトニー』で大胆にイメチェンを図ったブリトニー・スピアーズが、前作以上に過激なやり方で作り上げた、本人いわく「ネクスト・レベルのポップ・ミュージック集」だ。プロデューサー陣には、レッドゾーン、ザ・マトリックス、リンダ・ペリー、モービー、R.ケリー、P.ダディら、現代のミュージック・シーンを代表するそうそうたる顔ぶれが並んでいる。
テクノ、ガラージ、トランス、ヒップホップ/ラップ、ソウルなどなど、ありとあらゆるビートとグルーヴを飲みこんだ楽曲の数々は、まさに斬新の一言に尽き、世界が注目するポップ・アイコンが、こういう作品を作ることにこそ意味がある。デュエットしているマドンナを凌駕する日も近いだろう。(山口智男)

 ・ Amazon : In the Zone

 ・ Google Play Music : 04. In the Zone (2003)

 ・ apple music : 04. In the Zone (2003) : イン・ザ・ゾーン

 ・ Spotify : 04. In the Zone (2003) : イン・ザ・ゾーン

Jive Recording artist Britney Spears is set to release her 4th album, In The Zone on November 18. The first single “Me Against The Music” features Madonna. Britney Spears co-wrote 7 of the 13 songs on the album. Some of the producers/writers on the album include Moby (“Early Mornin'”), Bloodshy & Avant (“Showdown”), Guy Sigsworth (“Everytime”) and R. Kelly (“Outrageous”).